メール配信記録/稽古日誌








春季キャンペーン

★キャンペーンチラシ---コピー001
  ※クリックで拡大
スポンサーサイト
[ 2017/06/30 15:53 ] お知らせ | TB(0) | CM(0)

2017.05..20(土)南方少年部



DSC_0277_convert_20170520210351.jpg
 
●1部…大勢の参加がありました。人工密度高い!!

幼年は片山先生/小学生の白帯はヒョウガ君がレベルに合わせて指導。

小学生(色帯)は私(藤島)が指導。

エアコンを入れましたが、それでも暑い!!

集中力を切らさないように、最初に釘差し…

集中出来ないと思う人は最初から座るか、下級者のクラスで楽しく稽古しなさい…と。

覚悟をして稽古を始めたので、最後まで集中していました。

こんな体験を繰り返すことで少しづつ自信が出来ると思います。

審査確認中だった、アユム君、ショウマ君…2人共学科のみ

なんとか終了!!…記憶するだけでなく実際の生活にも応用してほしいて思います。

昇級おめでとう♪

DSC_0276_convert_20170520212839.jpgDSC_0274_convert_20170520210512.jpgDSC_0145_convert_20170520210613.jpg
DSC_0127_convert_20170520210552.jpgDSC_0289_convert_20170520212737.jpgDSC_0295_convert_20170520212758.jpg

●2部…最近盛り上がっています。

原因はギオンさんとヒョウガ君が参加しはじめたからでしようか…

伝統基本の中段突き…クセのある上級者と黄帯以下の生徒は私(藤島)が指導

他は片山先生

基本稽古一式終えて、元に戻って稽古。…暑いからといって手を抜いてはダメですよ。

同じ技でも精度が違うなあ~と思われるくらい高めて欲しいと思います。

下級者の稽古…

打ち込み/補強/受け返し/限定スパーリング/フリースパーリング

上級者のスパーリング見学

少人数でも全力指導(120%)…自分が真剣なら生徒も真剣になります。

稽古後…美術部、ユウタ君の絵を見せてもらいました。

外務大臣賞を受賞した絵は学校に掲示されているそうです。



DSC_0288_convert_20170520210221.jpg

[ 2017/05/20 23:31 ] 稽古日誌・南方 | TB(0) | CM(0)

2017.05.19(金)泉田

DSC_0221_convert_20170520005037.jpg 

本日の会場は三浜道場…と・て・も・暑い!!!窓は全開!! 扇風機全て稼働

入会1名…先週入会した女の子のお兄さん

大人しいタイプ?? 最初は緊張していたようですが。中盤からは笑顔が見えました。

対人のレクから開始…取り敢えず笑顔にすることからです。

伝統基本/足サバキ/組手基本/蹴り技はミットを使用

補強/限定打ち込み/受け返し/スパーリング

暑いので、集中力が切れないよう配慮しながら、解説と動作のバランスを考えながら進行しました。

暑さで集中しきれない生徒は、ヒョウガ君のところへ移動。

年齢や帯に縛られないで臨機応変に対応します。

審査を受けユウタ君…最後まで集中していました。(成長の跡が見えます)


DSC_0216_convert_20170520004607.jpgDSC_0236_convert_20170520004505.jpgDSC_0229_convert_20170520004637.jpg
[ 2017/05/20 03:01 ] 稽古日誌・泉田 | TB(0) | CM(0)

参考記事

教育の目的は「感動」にあると思う。 http://blog.tinect.jp/?p=39661

[ 2017/05/18 17:38 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

少年部 演武会


少年部 演武会

PhotoGrid_1494903309219_convert_20170516130208.jpg 
恒例となった少年部演武会が始まりました。普段の稽古では、子供達ちの集中力や自立心を養うために、ご家族の方の見学はご遠慮していただいていますが、この日だけはビデオや写真撮影もOKにしています。開催の趣旨は一年間の成長を見てもらうことです。内容は毎年(ほぼ)同じことを行いますが、年齢や帯の色が上がるにつれて、技や出来ることが増えていきます。そして緑茶帯になった先輩たちは、幼い子供達をリードします。
演武のための準備は万全とは言えませんが、子供達の元気な姿を是非見に来ていただきたいと思います。


■各道場の日程

5月15日(月) 西大寺/画像
5月15日(月) 津髙/画像 ※+三浜
5月16日(火) 高島 / 画像
5月16日(火) 三浜/画像 ※+津高
5月20日(土) 妹尾/画像
5月20日(土) 中庄/画像

5月22日(月) 笹沖
5月23日(火) 倉敷
5月24日(水) 野田
5月25日(木) 水島
5月25日(木) 十日市

5月26日(金) 総社1部 
5月27日(土) 南方1部 PM4:10~ 
6月02日(金) 泉田 PM7:10~ 




■演武会 プログラム

●伝統基本稽古(全員)  
●組手移動色帯)    
●伝統型(緑帯以上)     
●組手(全員)      
●試割り(色帯)
●論語の素読(全員)   



論語の素読



◇学而第一―一

 

「書き下し文」



子曰く、学びて時に之を習う、

亦悦ばしからずや。

朋遠方より来たる有り、

亦楽しからずや。

人知らずして慍らず、亦君子ならずや。


「現代日本語略」

先生がおっしゃった。学んだ時によくおさらいをする。それが自分の身についたものになってくる。なんと喜ばしいことではないか。心知る友が遠くから訪ねてきてくれる。なんと楽しいことではないか。人が認めてくれなくとも慍らない。なんと志の高い優れた人ではなかろうか。

 

▼解説

人は、何度も繰り返し練習したり考えたりしてできるようになると、それが「学びの喜び」になります。小さなことでも「わかった」、「できた」「うまくなった」「やり遂げた」という「喜び」を体験し積み重ねると、自信にもなり意欲が湧いてきます。自転車に乗れたとき、体が水に浮いて泳げるようになった喜び、九九が言えるようになった喜びは、生涯忘れられない思い出になります。その学びの喜びを少しでも多く体験することが大事です。

また、人は生まれてから一生、数えきれない人と関わって生きて行きます。豊かな人間関係を築くためには、家族関係はもちろん、小さな頃からの友達関係です。一緒に遊んだり学んだりする友達とは、仁徳(正直な心と思いやりの心)を持って接するよう導いてほしいと思います。


また、現代社会は、競争、比較社会です。人間性より、競争で勝った者、比較して優れている者が評価されることの多い社会です。

そのように結果重視の評価が、自分本位の偏った物の見方、考え方になってしまう場合があります。

学ぶ喜びを知ること、仁徳を養うことと合わせて、自分の努力や評価は、誰も認めてくれなくても、そんなことは気にならない位の「大きく広い豊かな心の人間」になることが、大事だと孔子は言っているような気がいたします。

 

※仁徳…嘘偽りのない正直な心と他者を思いやる心。

※自分本位…物事を自分を中心にして考えたり、行ったりすること。


[ 2017/05/16 15:27 ] ニュース&トピックス | TB(0) | CM(0)