メール配信記録/稽古日誌 メール通信








メール配信(2017.04.24)

CM170422-162203005_convert_20170425123818.jpg   

会員・保護者の皆様 いつも有難うございます。

幼年の生徒が多い道場では

だいたい

最初にレクリエーションをしてから稽古に入ります。

内容はちょっと楽しく技や体力、反射神経を養える内容です。

準備運動の意味もありますが

人は楽しいと感じたら集中しやすくなるからです。

稽古中でもちょっと集中していないなあ…という生徒がいたら

くだらないギャグを振ったり

時には、座らせて見学させるという事もあります

本人に集中していなかったことを

自覚させるためですが

同時に、どうすれば集中するか…等々

自分の指導方法を考えるきっかけにしています。


ついでに…ぷち情報


勉強する前に目をつぶった状態で片足で一分間立つ

ということをしたら集中しやすくなるそうです

是非試してみてください。


●イベント日程

 4月30日(日)北分支部 前期審査会

 5月3日(水)~5日(金) ゴールデンウィーク休暇
 
 5月14日(日)限定審査会

CM170422-110713012_convert_20170425123956.jpgCM170408-100947001_convert_20170425124353.jpgCM170404-174825011_convert_20170425124201.jpg


●今週の一言(284)


 集中すると

 数段に記憶力が向上する

 記憶のよみがえりが向上する

 情報の発信受信効率が高まる



●解説

集中力は、スポーツ、勉強、仕事などの人間活動において、重要な能力です。

人は集中すると今まで経験した全ての情報(体験・知識・感覚)を瞬間的に取り出せるよう

直観・ひらめきが働き驚異的な能力を発揮します。

集中力は武道やスポーツだけでなく、勉強にも効果があることが理解できると思います。

反対に恐怖心をあおって稽古していると、あきらめの状態で(しかたなく)稽古することになります。

結果的に、ネガティブな面(失敗のイメージや心配ごと)ばかりに意識が向き、

苦しい、つらい、痛いなどと言って意欲を失い、最終的にはバーンアウト(燃え尽き状態)になります。

空手も勉強も、まずは集中することが大切です。


●参考…人生を豊かに生きるための「知恵・コツ満載ブログ」


最後まで読んでいただき ありがとうございます。

スポンサーサイト
[ 2017/04/24 13:46 ] メール通信 | TB(0) | CM(0)

メール配信(2017.04.17)

CM170413-172341005.jpg   

会員・保護者の皆様 いつも有難うございます。

 

少年部の稽古中、整列等は基本的に茶帯の先輩達に任せていますが

 

何人ずつ並ばせますか?…とよく聞いてきます。

 

何度もやっているのだから知ってるだろう??…と思いながら

 

じゃあ100人…と悪戯で言うと

 

(自分で思い出して)

 

いつも通り並べてくれます。

 

他にも

 

基本稽古を終えてミット打ちをする時

 

ヘッドガードは着けますか??

 

とか

 

プロテクターを着けてと指示をした後

 

今から何をするんですか?と…聞いてくる生徒もいます。

 

いやいや…防具を着けたら当然組手でしょう?

 

と思いながら

 

じゃあ「相撲」と答えると本気で喜ぶ生徒もいます。

 

稽古中は突飛な質問をされたら

 

(真剣に)

 

今見本を見せながら説明をしましたが

 

見て(聞いて)なかった?

 

(これからは)

 

説明を良く聞いてから質問してくれませんか?

 

と言うようにしています。

 

人の話を聞く時は態度も大切ですが

 

良い姿勢で聞いていたように見えた生徒が理解していなかった…

 

ということもあります。

 

前後の流れや周囲の状況や条件相手の心情を考える…等

 

様々なことも加味しながら接していきたいと思います。

 

 

●イベント日程

 

430日(日)北分支部 前期審査会

53()5() ゴールデンウィーク休暇

514()限定審査会


CM170403-175159019.jpgCM170415-161626010.jpgCM170404-183130013.jpg

 

●今週の一言(283)


 
人の話を

よく聞くだけで、

人生は好転する。

●解説


ある人に「人間関係を良好に保つためには、

どうしたら良いのでしょう」と聞きいてみた。

その人は「人の話をよく聞くこと。」、

「よく聞く、とは相手の気持ちになること。」

「人と話をし、そこから友人を得るか、敵をつくるか、

それとも赤の他人として無視するかは、私達の選択次第だ。」

「世の中には解決できないこともあるが、本当の充足感は、

人との関わりの中にしか存在しないといえるだろう。

だから、人の話をよく聞けない人は、一生満たされることはない。」

「本当に価値あるものは、自分を高めることでしか手に入らない。

その一つが、人の話をよく聞けることです」…と言われた。

●参考…メールマガジン/安倍裕哉

 


最後まで読んでいただき
 ありがとうございます。


[ 2017/04/17 15:21 ] メール通信 | TB(0) | CM(0)

メール配信(2017.04.10)

CM170409-140650007_convert_20170411115017.jpg

会員・保護者の皆様 いつも有難うございます。

昨日はお花見会でした。

早朝から場所取りや雨(日)除けのテント設営、買い出しと運搬等

高校生の生徒数名が手伝ってくれました。

有り難うございます。

参加者は社会人から中学生までの幅広い年齢層。

今日、中学、高校の入学式という生徒が数名いました。

2年前にも参加してくれていた小学生も、中学生になります。

普段の稽古姿勢、言葉使いや受け答えもしっかりして来て

とても驚いています。

新たな環境になっても明るく前向きに努力してくれるものと頼もしく思いました。


●イベント日程

 4月30日(日)北分支部 前期審査会

 5月3日(水)~5日(金) ゴールデンウィーク休暇

 5月14日(日)限定審査会


CM170409-133408001_convert_20170411115112.jpgCM170409-143350018_convert_20170411115137.jpgCM170410-091623007_convert_20170411115047.jpg

●今週の一言(282)


梅の花、

咲きて散りなば、


桜花、

継ぎて咲くべく、

なりにてあらずや



●解説

万葉集にある歌です。意味は、梅の花が開いて、散ってしまったが、

すぐ続いて、桜の花がもう咲きそうになっているではありませんか。

薬師張氏福子(くすしちょうしのふくし)の作ですが、

梅の花から桜の花へ、寒い冬から温かい春へと移り行く季節感が心を弾ませます。

「梅は咲いたか桜はまだかいなあ」、万物が芽を出して躍動して行くようで、

明るい気持ちになれます。

春を待ちつける瑞々(みずみず)しい歌でもあります。


●参考…万葉集/某ブログ

最後まで読んでいただき ありがとうございます。

[ 2017/04/10 13:16 ] メール通信 | TB(0) | CM(0)

メール配信(2017.04.03)

CM170401-151800003_convert_20170404125617.jpg

会員・保護者の皆様、いつも有難うございます。

いよいよ新年度です。

少年部では新しい修練手帳を配布します。

毎回の稽古時生活の心得欄で

・姿勢・表情

・挨拶・返事

・言葉使い

・身だしなみ

・作法(所作)

・生活習慣

・お手伝い

・行動(体験)

等を順番にチェックします。

生活習慣では睡眠時間を一番に決めるべきだといわれます。

疲労感を取り除くことは勿論睡眠中でも脳は働いていて

生活における悩みや問題等が整理されて、

解決方法等が閃くようになるそうです。

毎日を充実させるためにも是非、参考にしてください。


●イベント日程

 4月09日(日) お花見会

 4月30日(日) 北分支部前期審査会

 5月03~05日(金) GW休暇

 5月14日(日) 限定審査会

 5月21日(日) 香川県大会

 6月18日(日) 岡山県大会

CM170401-165039023_convert_20170404125800.jpgCM170403-185028016_convert_20170404130212.jpgCM170401-115037010_convert_20170404125711.jpg


●とくいく「論語」六十一(自分を磨くということを知る・十五)



「書き下し文」


 子曰く、

 性、相近きなり。

 習、相遠きなり。



●読み方

 しのたまわく、

 せい、あいちかきなり。

 ならい、あいとおきなり。



●とくいく「こども論語」略

孔先生が言いました。

多くの人間は生まれつき、そんなに大きな差はありません。

みなさんのような子供の時からの習慣や努力が、

大人になってから大きな差になります。

だから、

規則正しい生活と前向きに努力することは、

人間として立派な大人になるためにとても大切なことです。



●出典…論語(陽貨第十七‐二) /徳育学習会


最後まで読んでいただき ありがとうございます。

[ 2017/04/03 13:40 ] メール通信 | TB(0) | CM(0)

メール配信(2017.03.27)

CM170319-101837006_convert_20170327104906.jpg

会員・保護者の皆様 いつも有難うございます。

交流試合に参加した生徒は前半の時間を使って

レポートを書いてもらいました。

・勝って嬉しかった

・負けて悔しかった。

・突きが出せた

・前蹴りが出せた

・体力がなくなった

・上段を蹴られた…等々

これからも勝つこともあれば負けることもあるでしょう

大切なのはこれからの行動です。

経験したことを活かしてトレーニングの仕方など

自分を成長させる行動に変えてもらえたらと思います。


●イベント日程

 4月09日(日)お花見会

 4月30日(日)北分支部 前期審査会


CM170320-174701008_convert_20170327104936.jpgCM170322-174117005_convert_20170327105056.jpgCM170325-152127007_convert_20170325202902_convert_20170327105440.jpg

●今週の一言(281)

 努力が必ずしも

 報われるとは限らないが

 結果が出なくても、

 得られるものは必ずある



●解説

運動会の駆けっこの練習。毎日頑張っていましたが、本番で転んでしまいました。

でも、ここでこそ「努力しても報われないこともある」ことを経験させる絶好のチャンスです。

結果よりも、体験で学んだことに注目しましょう。

毎日、走る練習をしたことにより筋肉も発達し体力もついたはずです。

敗けるという、挫折を味わうことにより精神的なタフさもついているはずです。

小さな挫折を体験しないまま大きくなると弱い心、小さなつまずきで立ち直れない心が育ってしまいます。

思うような結果が出なかったときは自分を責めるのはやめましょう。

努力しても報われないこともありますが、無駄なことはひとつもないのです。


●参考…東洋経済オンライン

最後まで読んでいただき ありがとうございます

[ 2017/03/27 12:44 ] メール通信 | TB(0) | CM(0)

メール配信(2017.03.20)

CM170318-205139004(1)_convert_20170322112238.jpg   

会員・保護者の皆様 いつも有難うございます。

昨日は春季交流試合が開催されました。

お手伝いいただいた審判員、ボランティアスタッフの皆さん

有り難うございました。

参加された皆さん お疲れ様でした。

試合という場は勝敗という結果だけでなく

自分の課題を見つける機会と捉えるべきだと思います。

勝っても負けても試合を体験したことで

何かを感じたことと思います

その経験を試合に勝つことだけでなく

人生の目標の達成や問題を解決するための

行動に応用してもらえたらと思います。


●イベント日程


4月02日(日)お花見会

4月30日(日)北分支部 前期審査会

CM170319-090536006_convert_20170322112309.jpgCM170319-100528010_convert_20170322112346.jpgCM170319-105539005_convert_20170322112431.jpg


●今週の一言(280)


『勝つ意欲』は重要ではない。

そんなものは、

誰でも持ちあわせている。

重要なのは、

勝つために準備する意欲である




●解説

バスケットボールの有名なコーチの言葉です。

勝つために何が必要かを知ることが大切です。

毎回が行き当たりばったりだと、いつかは疲れてしまいます。

なによりも結果から学ぶことができません。

行動を起こす前に準備や計算や予測を自分なりにしていると、

うまくいけば自分の計画力に自信を持つことができるし、

うまくいかなければ準備不足を学ぶことができます。

そうした経験は蓄積され物事がうまくいく確率が上がっていきます。

つまり出来事に対して向き合える能力や目の前に起きた出来事を

どうやってクリアするのか?という問題解決能力が向上します。

お釈迦さまは、「人生は思うようにならないものだ」と説いていますが、

だからこそ面白いのも事実です。

昨日できなかったことができるようになる面白さは

思うようにならないという事実があるからこそだと思います。



●参考…某ブログ


最後まで読んでいただき ありがとうございます。


[ 2017/03/21 13:00 ] メール通信 | TB(0) | CM(0)

メール配信(2017.03.13)

CM170305-101506001_convert_20170314113901.jpg

会員・保護者の皆様 いつも有難うございます

本日(月)より各道場にて審査発表が行われます

結果を見ると…(当然ですが)

準備が十分だった生徒は内容も良く

準備不足だった生徒はあまり良い内容ではありませんでした

準備不足だった生徒に関しては

補習稽古を行い基準に達した後に帯を渡すことになりますが

これも一つの経験として今後の稽古に活かしてもらいたいと思います


●イベント日程

 3月19日(日)…春季交流試合

 3月20日(月)…京都クラッシック


●お知らせ

平成28年冬季昇級昇段審査会- 結果 -

                   ↓     アドレスをクリック

http://athlete.zz.infop.net/cgi-bin/infopocket-bbs.cgi

CM170313-170222001_convert_20170314114026.jpgCM170222-171238035_convert_20170314113945.jpgCM170221-171316003_convert_20170314113923.jpg


●今週の一言(279)


自分に生じた結果は、

自分の行為が原因である



●解説

物事には必ず原因があって結果が生じます

それには以下の三つの形があります

「善因善果」…善い心で善い行いをすれば善い結果が生じる

「悪因悪果」…悪い心で悪い行いをすれば悪い結果が生じる

「自因自果」…自分に生じた結果は自分の行為が原因である

花の種(原因)に土、光、水などの栄養分の条件(縁)を加えると花が咲きます(結果)

それはスイカの種をまけばスイカが出来るということです

スイカの種をまいて大根はできません

それと同じことで悪いことをして善い結果が現われるということは絶対にありません


●参考…学科解説


最後まで読んでいただき有難うございます





[ 2017/03/14 01:47 ] メール通信 | TB(0) | CM(0)

メール配信(2017.03.06)

CM170305-095326012_convert_20170306140011.jpg

会員・保護者の皆様、いつも有難うございます。

昨日は春季審査会でした。

受審された皆さんお疲れ様でした。

審査員、学生部の皆さん ご協力有り難うございました。

白帯の学科審査では目標と目的を記入します。

・大会で優勝する

・黒帯になる

・強くなる

・優しい人になる

…等々

気を付けなければならないことは

心を強くする…という目的で空手を始めたのに

大会で好成績を収めるという(本来は)目標が

目的に代わってしまうことです。

当道は場理念にある通り「人間形成」を目的にしています。

一人でも多くの周囲の人や社会に良い影響を与えられるような人材を育成すべく

道場の運営指導に携わっていきたいと思います。


●イベント日程

3月19日(日) 春季交流試合

3月20日(月) 京都クラッシック

CM170305-131614003_convert_20170306140049.jpgCM170305-164855007_convert_20170306140204.jpgCM170305-181159016_convert_20170306140255.jpg

●とくいく「論語」五十八(善い生き方とは・二十)

「書き下し文」

  子曰く、由、

  徳を知る者は鮮し。


●読み方

しのたまわく、ゆう、

とくをしるものはすくなし。


●とくいく「こども論語」略

孔先生が、弟子の由さんに、世の中に徳(良い心の働き)とは

何かを知って実行する人はあまりいませんね、と言いました。

みなさんは、その良い心の働きの基本を知っていますね。

それは、仁徳(正直で思いやりのある心)です。

自分の心にも他の人(家族や友達)に対しても嘘をつかないで「正直」であること。

そして、自分のことだけを考えないで、

相手の身になって考えることができる「思いやりの心」を持つこと。

それが良い心の基本になります。

この仁徳をいつも心に持って、どんな時でも誰に対しても実行できるようにして下さい。

●出典…論語(衛霊公第十五‐三) /徳育学習会

最後まで読んでいただき ありがとうございます。

[ 2017/03/06 15:59 ] メール通信 | TB(0) | CM(0)

メール配信(2017.02.27)

 CM170226-13434500800000000000000000000000012.jpg  
 
会員・保護者の皆様 いつも有難うございます。

昨日は、昇段講習が行われました。

参加された皆さんお疲れ様でした。

前半は受審資格や目標設定について講義。

目標設定のポイントは達成する期日を決めることです。

そのために、何が足りないのか何が必要かを考えること

そして(失敗してもよいので)行動することです。

先ずは、計画書を作成して昇段までのイメージを作って

稽古をしていきましょう。


●イベント日程

 3月05日(日)春季審査会

 3月19日(日)春季交流試合

 3月20日(月)京都クラッシック

CM170226-14071300600000012.jpgCM170226-1633440010000000012.jpgCM170226-15453501200000000000012.jpg

●今週の一言(278)


 他人に劣ることを

 恥じるのではなく、

 過去の自分より

 劣ることを恥じよう


●解説

ジョン・ラボックという人の言葉です。

他人と比べるのではなく、昨日の自分と比べてどうだったか?こう考えながら毎日何かを積み重ねてみてください。

昨日の自分を超えるためにはそんな複雑に考える必要はありません。

漢字が1個でも多く読めるようになった、書けるようになった。

10分だけ集中して勉強ができた。

腕立て伏せが1回多くできた。

簡単なものでもよいので、目標を決め、昨日の自分を超えられるようにしてみてはどうでしょうか?

他人と比較して劣っていくことを嘆くのではなく、

向上していく自分を感じ、

今が充実しているという風に思えれば幸せを感じられると思いす。

●参考…某ブログ


最後まで読んでいただき ありがとうございます。

[ 2017/02/27 13:01 ] メール通信 | TB(0) | CM(0)

メール配信(2017.02.20)

CM170219-135751007_convert_20170220114325.jpg

会員・保護者の皆様 いつも有難うございます。

昨日は、道場生の結婚式でした

ご両家の両親、親族、友人、恩師…等々

人が生きていくためにこんなに沢山の人が

関わっているのだと改めて思いました。

空手の世界でもそうですが

指導してもらった事を先生方にお返しすることはできません

指導してもらったことは

後に続く生徒や後輩達に伝えていくことが最高の恩返しになると思います。



●イベント日程

 2月25日(日)昇段講習会

 3月05日(日)春季審査会

 3月19日(日)春季交流試合

 3月20日(月)京都クラッシック

CM170219-142730064_convert_20170220114547.jpgCM170219-153118021_convert_20170220114401.jpgCM170219-155046004_convert_20170220114839.jpg 

●今週の一言(277)


 受けた恩を返すより

 別の人に送る。

 そうして「恩」が

 世の中を回ってゆく。


●解説

恩送りとは、誰かから受けた恩を、直接その人に返すのではなく、別の人に送ることです。

誰かから受けた恩を、自分は別の人に送る。

そしてその送られた人がさらに別の人に渡す。

そうして「恩」が世の中をぐるぐる回ってゆくということです。

「情けは人の為ならず」という言葉も同じで

「親切は、いずれは巡り巡って自分に良いことが返ってくる」という意味です。

「恩送り」や「情けは人のためならず」といったモラル・常識は、

各地の人間社会が古くから持っている良識のひとつ。

類似した考え方は、日本以外の国々、様々な国・共同体にも見られます。

●参考…某ブログ

最後まで読んでいただき ありがとうございます。


[ 2017/02/20 13:51 ] メール通信 | TB(0) | CM(0)

メール配信(2017.02.06)

CM170212-140425002_convert_20170213114413.jpg

会員・保護者の皆様 いつも有難うございます。

昨日は限定審査会でした。

参加された皆さん お疲れ様でした。

お手伝いいただいた審査員、学生部の皆さん 有り難うございました。

今回の審査では所謂…不器用と思われる生徒が何人か受審しました。

その中の一人は帯を結べないで泣いていた子だったので

ちょっと心配しながら様子を見ていました。

着装(帯結び)は時間がかかりましたが

自分で出来るようになり誰よりも気合いを出して

取り組んでいる姿を見てとても感動しました。

道場で指導していると幼年から始めた生徒が小学生や中学生になっていく過程で

それまで出来なかったことが出来るようになっていくという姿を見る機会が多くあります。

そんな立場でいられることに感謝したいと思います。


●イベント日程

 2月25日(日)昇段講習会

 3月05日(日)春季審査会

 3月19日(日)春季交流試合

 3月20日(月)京都クラッシック

CM170212-132317004_convert_20170213114855.jpgCM170212-151341006_convert_20170213114726.jpgCM170212-155953004_convert_20170213114613.jpg

●今週の一言(276)

 他人との

 比較ではなく

 昨日までの

 自分を乗り越える。



●解説

他人と比べることで得られることは、優越感か妬みのみです。

もちろん競争することで得られるパワーも大きいかもしれませんが、

優越感と劣等感も大きくなります。

自分が超えるべき相手は、「他人」ではなく「自分」です。

ダイヤモンドが輝くのは、自分を磨いたときです。

ほかの石と比べても、自分の輝きは変わりません。

自分を削り、磨きをかけることで、どんどん輝いていきます。

できなかったことができるようになり、

知らなかったことを知るようになることで、どんどん魅力へと変わります。

昨日の自分ができなかったことを今日はやってみましょう。

昨日よりほんの少しだけでもいいから前に進みましょう。


●参考…某ブログ

最後まで読んでいただき ありがとうございます。


[ 2017/02/13 13:53 ] メール通信 | TB(0) | CM(0)

メール配信(2017.02.06)

CM170204-192516033_convert_20170210143552.jpg 

会員・保護者の皆様、いつも有難うございます。

少年部の稽古の時

私が指導している時は真剣にしているけれど

補助指導の先輩が指導している時はちょっと気を抜いてしまう…

という生徒が時々います。

そんな時は、直ぐに近づいて…一言

相手によって態度を変えるのは、おかしくないかい?

と尋ねるようにしています。

一方的に叱咤するよりも心に響くのか

気を取り直して真剣に稽古します。

誰が指導していてもどんな環境でも

状況に流されることなく今していることに一生懸命取り組む

そんな態度(心)を育成していきたいと思います。



●イベント日程

 2月12日(日) 限定審査会
 
 2月26日(日) 昇段講習会
 
 3月05日(日) 春季審査会

 3月19日(日) 春季交流試合

CM170203-184608020_convert_20170210143731.jpgCM170202-180146037_convert_20170210143840.jpgCM170207-183404002_convert_20170210143628.jpg


●とくいく「論語」五十八(善い生き方とは・十九)


「書き下し文」


 子曰く、

 仁に當たりては

 師にも譲らず。


●読み方

 しのたまわく

 じんにあたりては

 しにもゆずらず


●とくいく「こども論語」略

孔先生が言いました。

人に優しく親切にすることや、悪いことをしてしまって

素直にあやまることなど、

「良い心」を実行する時は、

先生や誰の前でも遠慮しないで実行しなさい。

それは立派な大人になる為にとても大切なことです。


●出典…論語(衛霊公第十五‐三十五) /徳育学習会


最後まで読んでいただき ありがとうございます。

[ 2017/02/10 16:34 ] メール通信 | TB(0) | CM(0)

メール配信(2017.01.30)

IMG_1138_convert_20170130133313.jpg

会員・保護者の皆様 いつも有難うございます。

昨日は前期指導員会議が行われました。

参加していただいた皆さん 有り難うございました。

前半は道場の運営方針 イベントの確認

運営や指導の留意点 そして、昇段授与式

後半は稽古指導における要点の講習が行われました。

今年のスローガンは「心を一つに一致団結」です。

話し合われたこと講習で学んだことを

それぞれの道場での運営指導に活かしていきたいと思います。


●イベント日程

  2月12日(日)限定審査会

  2月25日(日)昇段講習会

  3月05日(日)春季審査会

  3月19日(日)春季交流試合


IMG_1189_convert_20170130133413.jpgIMG_1281_convert_20170130133559.jpgCM170129-162317027_convert_20170130133647.jpg


●今週の一言(275)


  天の時は

  地の利に如かず、

  地の利は

  人の和に如かず


●解説

「孟子」では物事を成就させるには、次の三つの条件が必要だと記されています。

一、天の時(物事を実行するタイミング)、

二、地の利(自然的おそび社会的な立地条件)、

三、人の和(目的を同じとする者の人間関係)です。

「孟子」は、この中で「人の和」が最も重要だと語っています。

ある心理学者によれば、業務の生産効率も作業場における

照明、湿度、温度のような物理的条件よりも人間関係に影響されるといいます。

実際、仕事をする上でも、時間や場所よりも人間関係が一番気掛かりになることも理解できます。

物事を成就させるには、一人の力では如何ともし難いものですが、

他人と和を保ち協力していくことが、なによりも大きな推進力となるのです。


●参考…徳育のすすめ/宮腰明


最後まで読んでいただき ありがとうございます。

[ 2017/01/30 15:14 ] メール通信 | TB(0) | CM(0)

メール配信(2017.01.23)

DSC_0192_convert_20170124121037.jpgDSC_0078_convert_20170124120904.jpgDSC_0073_convert_20170124120721.jpgDSC_0068_convert_20170124120643.jpg

会員・保護者の皆様 いつも有難うございます。

受験シーズン真っただ中

道場生の中ではお休みして勉強に励むという生徒もいれば

週一回は稽古した方がストレス発散になり集中できるという生徒もいます。

人それぞれで勉強の仕方にも個性があります。

結果は…第一志望の学校に進学する人もいれば

他の学校に進学する人もいると思います。

どちらにしても

進学した先での出会いや体験が新たな可能性に繋がるという話も、よくあることです。

半分は開き直って取り組んでみてはどうでしょう


●イベント日程

 1月29日(日)前期指導員会議

 2月12日(日)限定審査会

 2月25日(日)昇段講習会



●今週の一言(274)

 良い、悪いの

 判断を手放せば

 人生は

 もっと楽しくなる


●解説

私達の悩みの多くは、「それが、良いか、悪いか」が分からなくなってしまうことによって生じます。

「独立したいけど、お金がない。お金が貯まってからの方がよいでしようか」、

「就職活動しているけれど内定した会社はあまり好きじゃない、もう一年待った方がよいでしようか」…等々。

判断が難しい理由は、物事は、「良い、悪い」で一概に決められないからです。

例えばお金が儲かったら良いことと思いますが、

お金が入ったことで人間関係がギクシャクしたとしたらどうでしよう。

ある時点では良いことが後から悪いことにつながる場合あります。

人生を決めるような選択と思っていても数十年後には、

どちらでも良かったということも多い気がします。

後悔しないためには、損得ではなくワクワクするかを基準に選ぶとよいではないでしょうか。


●参考…読むだけで心がラクになる22の言葉/本田健

最後まで読んでいただき ありがとうございます。

[ 2017/01/23 12:26 ] メール通信 | TB(0) | CM(0)

メール配信(2017.01.16)

nikko48l_convert_20170116111253.jpg   

会員・保護者の皆様 いつも有難うございます。

日曜日はセンター試験だったようです。

道場生や元道場生も受験に臨んでいます。

学校の先生からは人生が決まる等と

大袈裟に激励(?)される人もいるようです。

個人的な意見ですが

人生は一瞬一瞬の選択とその蓄積の結果だと思っています。

右か左

進む、止まる

考える、考えない

する、しない…等です。

受験の結果は良くも悪くも何か意味があって

そんな体験をする必要があった

そして

それぞれが進んだ場所で

その人に必要な出会いや体験があると思います。

物事の一面だけでなく

全体を俯瞰できるような気持があれば

少し余裕が生まれるような気がします。


●イベント日程

 1月29日(日)前期指導員会議

 2月12日(日)限定審査会

 2月25日(日)昇段講習会

thC87R1WSI_convert_20170116111336.jpgthXGW8OB57_convert_20170116111357.jpgp6_convert_20170116111316.jpg

●今週の一言(273)


 見ざる

 聞かざる

 言わざる



●解説

有名な日光東照宮の三つの猿には前後の話があるそうです。

最初は母猿が手をかざして子猿の将来を案じて見ている様子。

次に「子どものときは、世の中にある心を惑わすようなものは、

見ない、聞かない、言わないという」
という教育論。

次に若い猿が大きな志を抱いて天を仰ぐ姿。

やがて、人生に挫折する厳しさを味わい、

そんな時も励ましてくれる友や仲間が大切だと言う教え。

やがて恋の季節がやってきて物思いにふけっている姿。

結婚した2匹の猿。訪れる荒波を夫婦で乗り越えて行く姿。

そうした色々経験を積み、次の世代の子供を宿し親となって最初に戻るのだそうです。

●参考…某ブログ

最後まで読んでいただき  ありがとうございます。
[ 2017/01/16 12:57 ] メール通信 | TB(0) | CM(0)

メール配信(2017.01.09)

DSC_0018_convert_20170109102549.jpg

会員・保護者の皆様、いつも有難うございます。

明けましておめでとうございます。

第一週目の稽古では論語の素読を行っています。

一通り、みんなで素読を行ってから解説に入ります。

今回は生徒がどう感じたかどう考えたか要点は何と思うか…等とたずねてみました。

積極的に発言してくれる生徒もいれば

指名されてからですが良い意見を言ってくれる生徒

私の意見とは(全く)違う方向の見方をする生徒…等々

人それぞれで、とても面白いと思いながら やり取りをしています。

これからも、生徒と一緒に学んで行きたいと思います。

本年も宜しくお願い致します。

DSC_0060_convert_20170109102624.jpgDSC_0096_convert_20170109102705.jpgDSC_0127_convert_20170109102738.jpg

●イベント日程


 1月29日(日) 前期指導員会議

 2月05日(日) 限定審査会

 2月12日(日) 昇段講習会


●とくいく「論語」五十八(自分を磨くということを知る・十四)


「書き下し文」



 子張、善人の道を問う。

 子曰く、

 迹を踐まず、亦室に入らず。


●読み方

 しちょう、ぜんにんのみちをとう。

 しのたまわく

 あとをふまず、またしつにはいらず。


●とくいく「こども論語」略


子張(孔先生の弟子)が「善人(良い普通の人)は、

どんな努力をすれば立派な人になれますか」とたずねました。

すると孔先生が言いました。

まず一つは、やって良いことと悪いことを自分で判断できるようにすること。

そして次は、良いと思うことは自分から進んでできるようにすること。

最後は、悪いと思うことは強い心(気持ち)でしないようにすること。

そういうことが自然とできるようになると、

誰からも信頼されるようになり、良い友達がたくさんできるようになりますよ。


●出典…論語(先進第十一‐十九) /徳育学習会

最後まで読んでいただき ありがとうございます。

[ 2017/01/09 12:31 ] メール通信 | TB(0) | CM(0)

メール配信(2016.12.26)

DSC_0302_convert_20161226115233.jpg

会員・保護者の皆様 いつも有難うございます。

本年最後のメール配信です。

社会では様々な問題がありちょっとネガティブになりますが

希望を感じるような文章を見つけたのでご紹介します。


●以下転載…(一部編集)

「ハチドリのひとしずく」

という本をご存知でしょうか?

南米アンデス地方の先住民に伝わる話だそうです。

山が火事になった時ハチドリが火事に向けて滴をおとしていくという物語です。

※詳しい内容は一言用紙で

これを読んでどう思うでしょうか?

何か大きな問題が起こった時、小さなことしか出来ないと、やっても無駄のように思います。

実際その行為自体は無駄かもしれません。

それでも、行動するのとしないのではまったく違う結果になることもあります。

共感して行動を共にする人が出てくるかもしれませんし、

世の中を変える大きな反響を呼ぶ一石になるかもしれません。


ガンジーの塩の行進が良い例です。

たった1人の老人の行進がイギリスからの独立運動における重要な切っ掛けになりました。

もし変化を起こせない、目標を達成できないにしても、

やはり、

やらないよりはやった方が充実感がより大きいと思います。


●転載終了

物語の結末は語られていなようです。

私達の選択次第で未来は変わっていくということと解釈しています。


●イベント日程

 12月28日(水) 稽古納め

 12月29日(木)~~1月04日(水) 年末年始休暇

 1月05日(木) 稽古始め

DSC_0184_convert_20161226113918.jpgDSC_0043_convert_20161226114020.jpgDSC_0012_convert_20161226114158.jpg

●今週の一言(272)


 私は…

 私にできることを

 しているだけ



●解説

森が燃えていました。森の生きものたちは、われ先にと逃げていきました。

でもクリキンディという名のハチドリだけは

行ったり来たりくちばしで水のしずくを一滴運んでは火の上に落としていきます。

動物たちがそれを見て「そんなことをして、いったい何になるんだ」と言って笑います。

クリキンディは、こう答えました。「私は、私にできることをしているだけ」。

以上

森の火事を消すことや支配からの独立という大きな事ではなくても、

私達は日々目標を立ててそれを達成しようと歩みを進めています。

もし変化を起こせない、目標を達成できないにしても、

やはり、やらないよりはやった方が充実感がより大きいと思います。


●参考…某ブログ


最後まで読んでいただき ありがとうございます。

良いお年をお迎えください。

[ 2016/12/26 13:33 ] メール通信 | TB(0) | CM(0)

メール配信(2016.12.19)

DSC_0119_convert_20161219234134.jpg   

会員・保護者の皆様 いつも有難うございます。

昨日は岡山地区の忘年会でした

顔ぶれは私が空手を始めた頃からの仲間達

はるか年下の学生部まで

幅広い年代の人達が参加してくれました。

空手をしていて良かったと思うことに

年齢や性別を超えた出会いがあることのようです。

こういった親睦会だけでなく

普段の道場稽古でも社会人や学生の生徒が

交流することはとても有意義なことだと思います。



●イベント日程

 
12月25日(日) 北分支部合同稽古

 12月28日(水) 稽古納め

 1月05日(木) 稽古始め

DSC_0112_convert_20161219234450.jpgDSC_0109_convert_20161219234357.jpgDSC_0108_convert_20161219234218.jpg


●今週の一言(271)

 人は空気の中でしか

 生きられないように

 出会いの中でしか

 存在出来ない


●解説

植物が存在するためには何が必要でしょうか?まず根を張るための地面。

その根っこから、水や肥料を、葉からは日光を吸収します。

もちろん空気も必要です。

つまり植物は地面、水、肥料、日光、空気がなければ存在出来ません。

人も同じです。

人が存在しているのは、無数の「条件」が重なり、交わり、整って、初めて可能となります。

つまり「私」という存在を支えているのは縁なのです。

他のあらゆるものと縁で繋がり、存在しています。

だから独自では存在も出来ないのです。

これまで多くの人との出会いがあったと思います。

嬉しい出会いも、嫌な出会いも、それによって少なからず影響を受け、出来上がったのが今の自分です。

水や日光が植物の一部になるように、人との出会いのすべてがあなたの一部なのです。


●参考…お坊さんの一日一分説法/彼岸時


最後まで読んでいただき ありがとうございます。

[ 2016/12/19 12:48 ] メール通信 | TB(0) | CM(0)

メール配信(2016.12.12)

 DSC_0004_convert_20161212110220.jpg

会員・保護者の皆様 いつも有難うございます。

昨日は倉敷地区の忘年会でした

参加された皆さん 楽しい時間を有り難うございました

少年部の時から稽古を始め 今は社会人になっている

生徒が数名参加してくれました

今年社会人になったばかりの生徒から話を聞けば

業務はやりがいがあり楽しんでいるようですが

朝6頃時に起きて帰宅は10時

晩ご飯を食べてお風呂に入って就寝…等々

来年は…仕事を手早く出来るようにして

稽古にも沢山参加してくれると言ってくれました。

キツイと思うでしょうが今の苦労があったから…と言える日がきっと来ます。

前向きに頑張ってもらいたいと思います。


●イベント日程

 12月18日(日) 岡山地区忘年会

 12月25日(日) 北分支部合同稽古

 12月28日(水) 稽古納め

DSC_0002_convert_20161212110302.jpgDSCN0280.jpgDSCN0317 (2)

●今週の一言(270)


 マイナスのことも

 将来は

 いい思い出になる



●解説

あなたの失敗や苦労の数々は、将来、全部楽しい思い出になる。

…といわれたら、あなたはどう感じますか? 

多くの人は、いいことだけ起きて、マイナスなことは出来るだけ起きないで欲しいと願います。

マイナスのことを喜べないのは、人間のごく自然な反応ですが、

それが起きた意味やマイナスの体験がもたらすプラスの面を考えれば、

ずいぶん気が楽になるのではないでしょうか。

人は、自分ではどうしようも無い状況に立たされた時の行動によって、

思いがけず新しい能力を身につけたりします。

その能力によって収入を得たり人の役に立つことが出来たりするものです。

すごく落ち込んでいたり、悲惨な状況だったとしても、

将来の自分から見ればすべて良い思い出になり、

周囲の仲間に笑い話として語れる時が来ることでしょう。

そう思えれば「前向きに取り組んでみようかな」という気持ちも沸き上がってくるはずです。


●参考…読むだけで心が楽になる22の言葉/本田健



追記…

本日から各道場で冬季審査会の結果発表が行われます

再確認の人もいると思いますが

年内合格を目指して頑張ってもらいたいと思います


最後まで読んでいただき ありがとうございます。

[ 2016/12/12 13:08 ] メール通信 | TB(0) | CM(0)

メール配信(2016.12.05)

DSC_0015_convert_20161205105626.jpg

会員・保護者の皆様、いつも有難うございます。

昨日の冬季審査会

受審された皆さん、お疲れ様でした。

審査員並びに学生部の皆さん、ご協力有り難うございました。

今回は、兄弟や姉妹で受審する生徒が多くいました。

見学するくらいなら…と(急遽)

お兄さん、お姉さん達にお手伝いをお願いしました。

番号札学科用紙、下敷きやペンの配布

整列の誘導、技のアドバイスまで…

予想以上に動いてくれてとても助かりました。

本人達も後輩をリードしながら

昔の自分の姿を思い出していたかもしれません。

当然のことですが

1部・2部そして3部と進むにつれて

技は勿論、姿勢や態度もしっかりしていきます。

身近に見本となる先輩達がいることは、とてもいい環境だと思います。


●イベント日程

 12月11日(日) 倉敷地区忘年会

 12月11日(日) 津山地区忘年会

 12月18日(日) 岡山地区忘年会
 
 12月25日(日) 北分支部合同稽古

 12月28日(水) 稽古納め

DSC_0002_convert_20161205105534.jpgDSC_0003_convert_20161205105745.jpgDSC_0018_convert_20161205105832.jpg

●とくいく「論語」五十七(善い生き方とは・十八)


「書き下し文」


 子、川の上に在りて曰く、

 逝く者は斯くの如きか。

 昼夜を舎かず。



●読み方

 し、かわのほとりにありてのたまわく、

 ゆくものはかくのごときか。

 ちゅうやをおかず。



●とくいく「こども論語」略


孔先生が川のほとりに立って言いました。

「すべての物事は、この川の流れのように

昼も夜も一度も止まることなく過ぎ去って行くのです。」

だから、「今」、自分に与えられている環境(家庭や学校)と

人間(家族や友達)関係の中で、自分にできることを一つ一つ努力をすること。

そうすれば、心が「強く前向きな人」になることができます。



勉強やお手伝い、また、苦手なことや嫌なことを前向きに努力することで

心が強く前向きな性格になることができます。

反対に文句を言ったり、いやいやしていると、

やる気と忍耐力がなくなり心の弱い後向きな性格になってしまいます。

だから、どんな事でも「今」自分にできることを前向きに努力することがとても大切なことです。


●出典…論語(子罕第九‐十六) /徳育学習会


最後まで読んでいただき ありがとうございます。

[ 2016/12/05 12:44 ] メール通信 | TB(0) | CM(0)