IBMA極真会館 岡山県本部  教義内容








稽古・指導

 066+-+繧ウ繝斐・_convert_20150912210908

稽古の目的

武道は稽古する人の目的に応じ健康法、美容法、護身術或いは精神修養になります。稽古では道場生一人ひとりの生活環境や職業、能力、帯(レベル)、年齢性別、目的、目標を考慮した上で全体をまとめます。
その中でそれぞれが自分で目標を定め心と体と技を作り上げていけるようリードしていきます。


●技術の修得 …護身技・競技・心得
打撃の攻防技術を中心に基本的な護身技や日常の心構え、行動を学び、イザという時には勇気と自信を持て行動できるよう稽古を行います。
稽古内容は大きく分けると「伝統稽古」と「組手稽古」の2種類があります。同じ突き、蹴りを行っているように見えますが、それぞれの内容や目的には若干の違いがあります。


●心身の鍛錬…生活習慣の見直し、ストレス発散
稽古中に行われる様々な運動は筋力の強化バランス感覚の養成、体脂肪の燃焼、ストレス発散など様々な効果が期待され、健康増進に大いに役立ちます。
また、稽古に参加するようになると夜更かしや暴飲暴食を控え生活習慣を整えるという意識が生まれ、バランスのとれた生活習慣に変わっていきます。

DSCN0048.jpg 

伝統稽古

伝統稽古とは反復練習の中で忍耐力を磨きながら潜在能力を引き出すための稽古方法と言えますが、競技試合には直結しないため、意味を理解しにくいものです。
道場では、伝統的な技(基本・移動・型)の稽古をただやみくもに行うのではなく、稽古を行う人が、意味を感じながら前向きに取り組んでいけるよう、研究し紹介していきたいと考えます。

●基本稽古
突きや蹴りを定位置で行い、様々な技のフォーム(身体の使い方)を学びます。
下半身を安定させて上体はリラックスし手技であれば腰から体幹、肩、腕、部位(拳など)への力の伝達を意識して稽古を行います。
姿勢を正して稽古を積み重ねていくと、自分の心体への意識が高まっていきます。

●移動稽古
伝統移動稽古では下半身の鍛錬とあわせて重心の移動、動作中のバランス感覚を学びます。
移動稽古の目的は下半身の鍛錬、運足やリズム、呼吸、技の決め方(腰の決め方)などの修得です。
基本稽古同様に脱力・呼吸・身体の使い方(力の伝達)などの感覚を磨くことを意識します。

●型稽古
伝統『型』は、達人といわれる人が、実戦や、自らの修練によって会得した成果を合理的、順序だてて組み立てられたものといわれています。
基本稽古や移動稽古で養った身体の使い方を、様々な方向に動いても、迷うことなく出来るように鍛練します。
「心技体一致」といわれる境地は、目に見える身体の動きを自分の意思(感性)でコントロールするという意味です。

DSCN0279.jpg 
組手稽古
安全を考慮して制定された競技ルールをもとに技を研究する稽古方法です。
自分の技と体力を向上させるとともに相手の戦い方やプレッシャー、周囲の状況に動じない心理的な対処方法を学びます。
対人練習を通じて積極的な努力や決断力を養うための稽古方法と言えます。

●組手技基本
競技ルールに適した構えから、突きや蹴りを定位置で(又は一歩踏み込んで)行い、立ち方や、技のフォーム(身体の使い方)を学びます。
伝統稽古との違いは、常に相手を想定して練習することです。攻撃をはじめる前、或いは終えた後に、相手に隙をみせないように構えを取るようにします。

●組手技移動
組手において連続技をスムーズにバランスよく繰り出せるよう稽古します。
白帯などの初級者は、単技の蹴りから行い、中上級になるにしたがって、技の連携がスムーズに出来るように稽古を進めていきます。

●足サバキ移動
相手に隙を見せないよう、或いは相手の隙に対して瞬時に攻撃出来るように、前後、左右、或いは斜めなどに動き、自分が有利、相手が不利な間合いやポジションに移動できるよう足サバキだけに特化して稽古です。

●仮想組手
ボクシングのシャドートレーニングのように相手を想像しながら単独で、構え、足さばき、攻め技、受け技、戦術等を意識しながら、一つ一つの動作を行い、組手を作り上げていく、イメージトレーニングです。

●打ち込み(打撃練習)
ミットやサンドバックといった用具に突きや蹴りを当てて、技の、角度、スピードの習得や力の入れ方を学びます。
また組手に必要な筋力やスタミナを養成することができます。

●約束組手(仕掛け技・応じ技)
約束組手には、競技ルールに対応したものと、護身を目的としたものがあります。
2人1組になり攻めと受けに分かれて予め決められた技で攻撃したり、それに対する防御法や返し技の稽古を行います。

●組手(限定・自由)
ある程度の自由意志で攻防を行います。
普段の稽古では怪我の予防のためサポーターやグローブを着用し、力をセーブして技を出し合い、攻防のタイミング、バランス、感覚を学びます。

ZOE_7023_1.jpg 
護身(技と心得)

アスリナ道場では、護身のための心得と実技の指導ともに、指導委員会を設立し、各種相談に応じています。

統計によると日本の犯罪の件数は減少してきているということですが、残虐な犯行があるのは事実です。
金銭や暴行目的の路上犯罪は増加傾向にあり、犯罪に巻き込まれる可能性は誰にでもあると思ったほうがいいでしょう。

実生活の中で身を守る為には、技術の修得以上に危険を未然に回避するという心得の方が大切ですから、護身のための知識や考え方を様々な事例を紹介しながら指導していきたいと考えます。

技術面では、何等かのトラブルがあり相手から暴行を受けそうなった時、真っ先に守っておきたい部位といえば、顔面や急所(目や金的)を思い浮かべますが、競技試合に勝つことだけが目標になってしまうと偏った技術しか練習しなくなり、護身の面では本末転倒になってしまいます。

アスリナ道場では、学生や社会人が普段の生活を快適に送るために安全は確保しつつ、用具や組手方式などを工夫により、護身技技術を追及し紹介していきたいと考えます。


 稽古日誌指導理論研究・考察空手道講座型の分解 

スポンサーサイト
[ 2015/01/01 13:03 ] 教義内容 | TB(0) | CM(0)

メンタルトレーニング

DSCN0002.jpg 
メンタルトレーニング(目的と目標)
メンタルトレーニングというと競技試合で実力を発揮するために行われるものと一般的に認識されていますが、

私たちの道場では、試合の結果は現状の目安(実力を認識する機会)として参考にする(手段)だと考えます。

私たちが言うメンタルトレーニングとは、生活の中で感情や行動をコントロールするための心理的な技術の習得と言えます。稽古の目的と目標は下記の通りイメージします。


 ●稽古の目的 = 人格形成(人間的成長) 
 
 ●稽古の目標 = 
昇級、昇段、試合の結果(日々の努力の指針)


試合では誰もが勝ちたいと思うのが当然ですが、成長するという観点からみれば「勝つ」こと以上に『負ける』という経験も必要です。

例えば、トーナメントで優勝するということは、見方を変えれば自分よりも弱い人としか戦っていないと言えます。

道場の理念(目的)を要約すれば…徳育(教示)により物事の判断基準を養いながら、稽古(昇級・昇段・試合)という手段(目標)を使って、前向きな努力を行い、心と体を鍛え将来は誰かの役に立つ人間に、或いは周囲に良い影響を与えることの出来る人になることです。

道場だけでなく、日々の生活における成功や失敗体験など結果のすべてを受け入れ『今、この場』で出来ることに全力を尽くすという心理的対処方法を指導者とともに学んでいきたいと考えます。



[ 2012/07/16 13:49 ] 教義内容 | TB(0) | CM(0)

フリースタイル(新武道競技)

IMG_2039_convert_20150415145040.jpg 
フリースタイル(新たな武道競技)

フリースタイルとはIBMA極真会館・最高師範の増田章師範が提唱する、新しい武道競技(スポーツ)で、従来のフルコンタクト(直接打撃制)の競技試合に、投げ技や倒し技、背後取りを加え(打撃を含み)ポイント化することで誰にでも客観的に勝敗がわかる競技システムです。

組技(投げられる可能性)がある場合、下半身や姿勢の安定感は勿論、打撃に適した間合いを意識することや突きや蹴りの速さや、足さばきの巧みさが必要になります。

フリースタイル競技が目指す方向とは総合格闘技的な組技のトレーニングではなく、組んでくる相手にも有効となる打撃技術を習得出来ているかを検証するために行われるものと言えるでしょう。

※岡山支部では春季交流試合と北分支部の修練会でフリースタイルの競技試合を開催しています。


[ 2012/07/13 13:35 ] 教義内容 | TB(0) | CM(0)

競技組手

FH000022 - コピー
競技(組手)試合の意義
競技試合とは、勝敗や痛みに対するプレッシャーを感じる場面で相手(本当は自分)に勝つという目標に向かって行われるものです。

競技試合の良い点は、勝負における集中力や胆力の養成と目標に向かって努力するための積極的な努力や忍耐力を養うことができることです。

試合に出場するからには勝ちたいと思うのは当然ですが、実力を発揮するためにはメンタル面の強さが必要です。武道では四戒という言葉で注意を促しています。

それは… 


●驚
(きょう)

予期しないことに驚くこと。視野の狭さが原因です。
万全の準備をし、最悪の場合も覚悟します。

 
●懼
(く) 

恐怖に飲み込まれてしまうと力を発揮できなくなります。
対象を研究し、少しずつ立ち向かっていくことです。

●疑(ぎ) 

自分の技術や体力、戦い方を信じられない状態。
普段の生活態度や稽古姿勢が表れます。
心配はやめ結果が出るまでやりぬくことです。

●惑(わく)

どうしようかと、あれこれ迷っている状態。
目標をはっきりさせます。
やるべきことがきまっていたら迷うこともありません。



…などです


実は、これらの心理状態にならないように研究し訓練するよりも、
この「驚く」「恐れる」「疑う」「迷う」という体験をすればするほど、様々な場面で(冷静に落ち着いて的確に)対処できるようになります。

恐怖心は対象に慣れていないから起こる現象だからです。

つまり平常心、不動心という境地に到達する手段として、緊張する場面を数多く体験することは理にかなっているということなです。



但し、日常生活に必要な正義感、寛大さ、温厚、公正、謙譲、沈着、優しさ等は…競技試合(自分の稽古)をしていれば養われるというものではありません。
これらの徳目は様々な人間関係の中で会得するべきものといえます。




[ 2012/07/11 16:04 ] 教義内容 | TB(0) | CM(0)

礼儀作法

ZOE_4926_1_convert_20150424131832.jpg  
礼儀作法

挨拶や返事では、その人の心の状態が一番わかりやすい形で現れます。
礼儀作法とは、自分を心と体の姿勢を整えながら他人の行動や感情に対する“気遣い”や“思いやりの心”を形としてあらわしたものです。そして社会的な地位や立場に対する正当な敬意をあらわします。



礼法とは…

礼は決まりではなく人間の良識から発生する『ものの道理』です。
礼法は時と場所、状況、相手によって臨機に変化させ即応することが必要です。作法やマナーを『きまり』『規則』『ルール』だと思ってしまうと、主体性がなくなり、時と場所を使い分ける柔軟性を奪います。 【例】 一般的な場所では十字礼や押忍という返事は相応しくありません。

作法とは「自分の立場を知り」「周囲に不快を与えない」ことです。それは、人を「困らせない」、「怒らせない」、「淋しがらせない」、「心配させない」、「手数をかけさせない」、「いやがらせない」、「恥をかかせない」、「当惑させない」などを言います。何が相手にとって「不快」かということを理解するには、立場を変えて考えてみるという意識の切り替えが必要です。


「礼儀作法」とは身の処し方の知恵ともいえます。視点を変えれば自滅を避けるための動き方の心得です。不作法が対立を生み危険を招くということを理解すれば、礼儀作法は、レベルの高い護身術(心得)にもなります。


挨拶 とは

人間関係の基本はあいさつです。挨拶とは、お互いが尊重しあうための意思表示です。道場だから巌しく礼儀正しくするという考え方ではなく、あいさつをすることで和を与えられると考えてください。

挨拶は人にプラスの感情を与える最も簡単で労力のいらない方法です。元気な挨拶は人に活力を与えます。“ありがとう”という言葉も同様です。「与えれば与えられる」とは、自己犠性ではなく自分を高めるための行動といえます。

与えるという最も根源的な習慣が“挨拶”と“感謝する”ということです。先生や先輩だけでなく後輩達、そして日常生活でも自分から積極的に挨拶を行なうようにしたいものです。


日常の立ち居振る舞い

道場でのマナーとは武道人としての心構えを表します。武道では「残心」という言葉があります。技を決めた後も気を緩めず、反撃に備えつつ効果を見届けるという心の備えです。日常生活に重ねると、周囲への迷惑を考えない携帯電話の使い方、バッグ類で出入り口を塞いだり、車間距離を考えない車の運転等、自分の意識(不注意)が無用に人を不快にさせるだけでなく、自分自身を窮地に追い込むことにも繋がります。

人や物に接触したり、物につまずいたりするのは「不用意」と、「油断」を示し武道人としては恥ずかしいというくらいの気持ちで日常行動の一つひとつに気を配るようにします。

道場内の施設を使用する時は自身を律する心構えや、周りへの気遣いを充分に理解し自分本位に振舞うことのないようにします。


協調性

道場では多くの仲間と一緒に稽古を行います。規則を軽視して自分の感情や都合ばかりを優先させると、人間関係の部分で問題が起こってきます。

道場では周囲を尊重し、礼をつくして謙虚にお願いするという気持ちで稽古をおこない社会的な行動のしかたを身につけるよう心がけます。

道場内のきまりを守り、仲間と協力して掃除をしたり、イベントに積極的に参加している間に、大切な社会性も育まれていいきます。


道場で稽古する意義

礼儀作法における視野の広さ、掘り下げる態度(理解の度合い)は、その人の危機意識に比例します。礼法の目的は人を喜ばせたり、自分を立派に見せ、人を感心させるためのアクセサリーではありません。対人関係を望ましい形に維持する心得であり実力です。

武道は本来『対立』ではなく『調和』を目指すものです。相手(社会)と自分を一つのものとして、自他共栄に至ることが武道のあり方といえます。

道場では仲間を大切にし、協力して、稽古に取り組むようにします。このような態度を習慣化することで、技術の進歩や精神的な成長だけでなく人としての品格が育まれてきます。

道場で学んだ精神的なことを自分の生活或は社会に役立てるというところに修行するする価値があります。

実生活の様々な場面でどうするべきか?と自分に問いかけながら行動してみましょう。空手の試合だけでなく実生活の中でも強さを発揮できるようになることでしょう。

人間形成と一体となり、知情意の三つを円満に養い、真善美を華ねそろえた人を育成していくことをアスリナ道場では目指しています。


[ 2001/04/03 14:54 ] 教義内容 | TB(0) | CM(0)

伝統稽古

IMG_6607 - コピー - コピー
伝統稽古の意義
伝統技の意味はわからないけれど、審査で決められているから、(しかたなく)稽古をしている人が多くいます。

稽古をしていると、組手では顔面ガードを意識するように指導されるのに、伝統稽古では顔面のガードはなく引手を注意されるなど、矛盾を感じるようなことが多くあると思います。

よくよく研究していけば、それらの動作にも必ず意味があるようですが、多くは失伝してしまっています。


伝統稽古をしていて疑問を感じる例として…

 
 ■組手に(直接)関連あるとは思えない動作の意味は?

 ■なぜ、三戦立ちは(主に)右足前で行うのか?

 ■基本稽古では、なぜ顔面のガードをしないのか…引手の意味は?

 ■組手では使わない立ち方(四股立・かけ足立ちなど)の意味は?

 ■なぜ気合(声)を出すのか?


  
 …等があげられます。

伝統稽古の基である『型』は、達人といわれる人が、実戦や、自らの修練によって会得した成果を合理的、順序だてて組み立てられたものといわれていますが、一般的に伝えられる解釈(分解)では「現実には、こんな動きはないだろう」と思われることが多いため、「型は実戦では使えない」或いは「型で示される攻防のレベルは低い」だから組手稽古だけをしたほうが合理的だと言われます。

競技(組手)試合を行えば誰でも勝ちたいと思うのは当たり前なので、勝利に結びつかないと思う人達にとっては「時間の無駄」という発想になります。


型(伝統)稽古が評価されない原因として…


①シャドウボクシングのように、相手を想定した戦闘訓練としてとらえたこと。

②対人で行う日本本土の武道の稽古体系とは大きく異なっていたこと

③沖縄から日本本土へ伝えられる際に、打撃に特化した武術であることを強調したこと

⑤修練の目標が護身ではなく組手競技の勝利に偏ってしまったこと



伝統稽古(基本、型)の(護身的な)用法は、いくつにも解釈できるようになっていますが、競技試合では、型で示めさせる技はほとんど使用できません。  

武術の型は安全を考慮していないからです。


また達人と言われる先生方は「この型の第一挙動はこう使う」という単純な分解はあまり重要ではないと言い切り、型の用法(解釈)などは自分で考えてもよいとさえ言われます。

伝統稽古で大切なのは、決まった形を目指して行う自分との対話と言えるでしよう。
つまり…自分の心体と対話しながら、その理解と活用法を学ぶために行われるべきものです。

組手の上達には関連性がないと思われがちな伝統稽古ですが、型の上手な人は組手も上手な人が多いという事実もあります。

それは型稽古で行われる自分との対話により、軸や重心、呼吸という組手でも重要な基準が感覚として心体に出来上がる(またはもともと持っていた)からではないかと思われます。

最大の敵は自分自身といわれるように、相手の体格や強さ、速さ、うまさになど外的な条件にとらわれているようでは組手の上達にも限界が見えてくるということではないでしょうか。

道場では、伝統的な技(基本・移動・型)の稽古をただやみくもに行うのではなく、稽古を行う人が、意味を感じながら前向きに取り組んでいけるよう、研究し紹介していきたいと考えます。





[ 2001/02/11 14:25 ] 教義内容 | TB(0) | CM(0)

とくいく学習

DSCN0023.jpg
とくいく学習会
「とくいく」学習会は、中川会長が空手指導を通じて培ってきた経験と独自の人間心理の研究を元に、空手の稽古をするだけでは一部しか学ぶことのできない、人としての心のあり方や心の高め方を学ぶ場として一般部は月2回(第1・第3水曜日)、少年部は週1回(毎週土曜日)に行われています。学習会で研究されたことは、道場の修練体系に(学科試験や稽古中の教示内容(論語の素読)にどにも反映されています。


とくいく学習会の指導要綱


●座禅(瞑想) …心の安定

他人の評価に振り回されてしまう、思い通りにいかないでイライラする。周りの人と衝突してしまう。
人との付き合いで悩んだとき、不安や焦りを断ち切りたいとき、人生に迷いが生まれるとき…等。
瞑想には、「人生の悩み」の解消のヒントがあります。

●論語の素読…心の徳性

論語の素読を通して、心の規範をつくります。『人が日々志すのが道です。
心正しく道を行って、心に悟りを得ることを徳といいます。
徳を養えば道を失うことはなく、徳は仁(思いやり)となります。徳と仁が養われれば、どんな場合でも道に外れることはありません。』…論語の基礎をつくった孔子の理想は、その上で広く学問を学び、芸(技)を会得し、自在な境地を生きることでした。

●礼節指導…挨拶/返事/言葉使い

姿を整えて心をおさめる。とい言われるように、心を整えるには、まず自分自身の姿勢、挨拶、返事、言葉使い、身だしなみ、履物といった礼節の基本をから学ぶことが大切です。

●生活習慣…睡眠/食事/お手伝い等

疲労の80%はストレスが原因だといいます。
睡眠や食事などの生活習慣の改善は時間管理の第一歩。
そして人生をつくり上げていく基本です。
また、家庭でのお手伝いなどをすることも心をつくるには大切です。

●活動計画…目標設定/スケジュール

よりよい方向へ成長するための目標設定から活動計画(週間、月間、年間)のアドバイスを行います。
1日24時間という時間の使い方一つで、人生は大きく変わります。
ビジネスでもスポーツでも、成果を生み出すためには、いかに密度の高い時間をもつかにかかっています。


参加者募集中です。詳しくは事務局まで…




[ 2001/01/10 14:57 ] 教義内容 | TB(0) | CM(0)