IBMA極真会館 岡山県本部  行事案内








行事案内

CIMG0038.jpg
行事(イベント)案内
審査会、競技試合などのイベントは修練の成果を試す場としてだけでなく、目標に向けて稽古に励む過程や経験で得られる様々な感情を通して自分を見直し心の成長を図るきっかけになります。イベントを通じて人としての成長を一人ひとりに感じてもらい、本当の感動を味わってもらいたいと考えます。



岡山県空手道選手権大会(組手の部)
県内の道場生と県内外の協力道場の参加により、岡山県空手道選手権大会(組手試合)が開催されます。少年~中学、高校生の部のジュニアの部。女子、一般の部までの総勢で約300名が、年齢や性別、レベルを考慮して「ライトコンタクトの部(胴の防具有り)」と「ミドルコンタクトの部(胴の防具無し)」のクラスに分かれて日頃の組手稽古の修練の成果を競います。


●春季交流試合
岡山県大会や外部の試合で入賞など経験のある生徒を除き、試合経験を積み重ねてレベルアップをはかるために開催します。年齢や性別、帯、体格を考慮して20以上のクラスで開催され、初心者でも安心して参加できるよう、ほとんどのクラスでプロテクター(胴)を着用します。 又、新しい武道競技であるフリースタイル(組技あり)の試合も行われます。


●岡山県空手道選手権大会(伝統型の部)
先人から受け継がれてきた伝統型を競技という形で行い、意欲的に稽古が出来るよう開催します。張感の中、平常心で技を繰り出すことの難しさを体験すること。試合に向けて重点的に稽古を行うことで伝統技の意義や意味を、それぞれが考えるきっかけとなります。組手の部同様に、岡山県内の道場生と県内外の協力道場の参加により行われます。


●外部(地方大会・全国大会)大会
希望者が参加できる中四国交流大会(香川・桑嶋道場主催)他、岡山県大会で上位進出を果たした生徒は、各地方だ行われる大会。そして全国大会へ推薦され出場が出来ます。


●修錬会(本部・北分支部)
本部主催の修練会や、北分支部主催の修練会が年5回行われています。30人連続組手マラソン、指導員による演武や少年部の板割り有段者による連続組手、学年にこだわりなくレベルを考慮した組手試合や団体戦、伝統型などの練習試合を通してレベルアップをはかります。


●夏季合宿旅行
少学生~高校生までの生徒を対象に1泊2日の日程で早朝稽古(伝統型の習得と練習試合)とあわせて海水浴、花火大会等を通じて親睦をはかり団体生活で必要な規律や、責任を学びます。

※毎年鳥取島根方面に宿泊/大学生や一般会員も参加可能です。


●各種講習会
各講習会で、テーマを掘り下げて講義と実技が行われます。 人格形成をテーマに行われる「とくいく講習会」をはじめ、昇段予定者を対象にした昇段講習会、岡山県大会前に行われる伝統型や組手の講習会や護身技の講習会が行われます。



●昇級、昇段審査会
春夏秋冬の季節ごとに行われる審査会が4回、白~黄帯までの初級~中級者を対象にした限定審査会が4回。年間で8回の審査が行われます。各クラスで定められて項目を受審者一人一人の力量を審査員が評価し基準に達していると認められることで合格(昇級)となります。

スポンサーサイト
[ 2002/04/01 14:57 ] 行事案内 | TB(0) | CM(0)

年間スケジュール

                               
イベントスケジュール


105日(木)
29日
(日)
稽古始め
前期指導員会議(南方道場)
2月12日(日)
26日
(日)
限定審査会(岡山武道館・剣道場)
昇段講習会(生涯学習センター)
3月05日(日) 
19日(日) 
20日
(月)
春季審査会(未定)
春季(組手)交流試合(岡山県体育館)
京都クラッシク(京都)
4月09日(日) 
30日
(日)
お花見会(旭川河川敷)
春季伝統型交流試合(岡山武道館) 
5月03日(火) 
04日(水)     
05日(木)
07日(日)      
14日(日) 
21日(日)  
 ゴールデンウィーク休暇
       〃
       〃
北分支部・前期審査会(養徳館)
限定審査会(未定)
香川県大会(香川県)
6月18日(日)
24日(土) 
岡山県空手道選手権大会(岡山武道館)
極真連合会・グラチャン(大阪)

7月02日(日) 
29日
(土)
30日(日)
夏季審査会(未定)
夏季合宿旅行
(未定)
   〃
8月06日(日)
13日(日)  
14日(月)
15日(火)    
16日(水)
20日(日)
27日(日)
限定審査会(未定)  
お盆休暇
    〃
    〃
    〃
後期昇段講習会(未定)
後期指導員会議
(南方道場)

9月

03日(日)
17日(日)
24日(日)
有段者審査会(養徳館)
本部修練会(未定)
秋季審査会(未定)
10月22日(日) 岡山県 型大会(未定)
11月05日(日)
12日(日)
 
19日(日) 
限定審査会(未定)
北分支部・後期審査会(白梅体育館)
中四国交流大会(香川県)
12月03日(日)
10日(日)
  〃
17日(日)
24日(日)
28日(木)
冬季審査会(未定)
倉敷地区忘年会
津山地区忘年会
岡山地区忘年会
北分支部合同稽古(白梅体育館)
稽古納め 
ZOE_0216_convert_20150902142102.jpgDSCN0530_convert_20151201095013.jpgDSCN0222_convert_20151117140357.jpgDSC_0187_convert_20160329133128.jpg 
DSC_0200_convert_20160525001701.jpg
上記スケジュールは都合により変更する場合があります。

[ 2001/12/14 05:45 ] 行事案内 | TB(0) | CM(0)

イベント参加者コメント


イベント参加者のコメント


 莠、豬∬ゥヲ蜷医さ繝。繝ウ繝育畑_convert_20160510122717


第5回岡山県空手道選手権大会

●林桃子(西大寺)小1

試合の前はこわくてドキドキしました。試合はガンバッて1回勝ったけど2回目の試合はまけてしまいました。こんどはパンチをつよくして勝ちたいです。

 


●原大和十日市)小3

初めてだったので勝っても負けても全力を出そうと思いました。試合は緊張したけど、効果がいっぱい取れて良かったです。次は優勝できるように頑張ります。

 

 

 

●久山翔野田)中学C

準優勝という結果にビックリです。頑張ればもっと強くなれると感じたので更に頑張ります。

 

●守本静(南方)女子C

相手の圧力で練習したことが思うように出来なかったことが悔しかったですが、初めての試合はとても楽しめました。次回も是非挑戦したいと思います。

 

 

●山本青慶(二級・三浜)小学6年生

1回も勝ったことがないので絶対勝ってやると思って臨みました。次の目標は優勝することとミドルに挑戦することです。

 

●保護者より

真面目にコツコツ練習していた成果が準優勝という目に見える形で表れたと思います。

本人には勝ち負けではなく今までやってきたことを出せるように頑張りなさいとアドバイスしました。結果はビックリでした。今のまま、コツコツと頑張って、素直な心で成長して欲しいです。

 

 

●スタッフとして参加

野々上 誠理(十級・中庄)中学一年生

試合に興味があったので先生からスタッフを頼まれた時は迷いなく引き受けました。

担当はBコートの選手係でした。面を着けたり外したり、拭いたり…と一日中動きっぱなしでしたが、間近で試合を見ることができて勉強になりました。

 

大会というものがどういうものか分かったので、とても良い経験になったと思います。次は選手として参加したいと思います。



北分支部(真庭)修練会


 IMG_4613+(2)_convert_20160615141555.jpg田中紳太郎くん(十級・落合)

もっと上手になりたい
今回の修練会では、仲良しの江道寺くんと中尾くんと一緒にお弁当を食べておいしかったです。
講習会で先生や先輩が一所懸命に教えてくれたので僕も頑張って稽古しました。
自分より帯の上の人の型を見て僕もいつかあんなふうになりたいなぁと思いました。
橙帯の部で優勝できて、とても嬉しかったです。また参加したいです。









2016年 春季交流試合
 

後藤聖茉くん(三浜)
二回目の出場でした。前蹴りが上手く当てられて一回戦勝てたのが嬉しかったです。二回戦は大きく強い相手で何も出来ずに負けて悔しいです。もっと練習して次は優勝したいです。

窪津ましろさん(水島)
試合は初めてでした。3位以内に入るという目標が達成できて嬉しいです。体力がなくなって負けたので、もっと体力をつけたいです。新しいコンビネーションを練習して次の試合に臨みたいです。

祇園快晴くん(高島)
試合に向けて家でお父さんとお兄ちゃんとパンチやキックの練習をしました。試合はとても緊張しました。構えが出来ていなかったので勝てるように構えをちゃんとしたいです。

2016昇段講習会
 

螻ア蜿」蜀咏悄(譏・ョオ隰帷ソ剃シ・_convert_20160510120552山口晃寛くん(一級・総社)

●昇段への気持ちが高まる
今まで昇段をあまり身近に捉えていませんでしたが、今回の講習を受けて昇段したいという気持ちが高まりました。
伝統型の講習では、上手な人の型を見ることが出来てレベルの違いを感じました。組手では構えや姿勢など出来ていないことが多いと気付かされ未熟さを感じました。
今回学んだことを活かして黒帯を目指します。


    



4回 岡山県空手道選手権大会 伝統型

ZOE_1274_1_convert_20151202142322.jpg真鍋雅年さん(2級・高島)

●基本の大切さを実感!!
型試合に4回目の出場になります。目標は1回戦突破。試合前は練習のつもりでと平常心を心がけましたが、いざ試合が始まり礼をした瞬間、頭の中は真っ白になり、普段先生から注意されていた、姿勢や腰の浮き沈み、技の形など、全然出来ませんでした。入賞された方の演武を見て、皆腰の高さや姿勢が安定していること。普段の基本の大切さを実感しました。先ずは形を整えて、緩急などの表現を身に付けていきたいと思います。今後の目標としては、年末の審査を受審して1級になり、将来は黒帯を取得したいと思います。






第4回 岡山県空手道選手権大会

螳壼サ」縺輔s_convert_20150807144636定廣典子さん(初段・水島)

●仲間の頑張りが見たくて
仕事上の関係で試合に出場することは難しいのですが、皆と同じ気持ちでありたいので、スタッフとして参加をしています。毎回見る度に「自分も頑張らないといけないな」という気持ちになって帰っています。試合会場は、戦い方の勉強にもなるし、他の道場の方と交流も深められる良い機会でもあります。皆アスリナ道場の仲間なので、知っている人、知らない人に関わらず頑張っている姿を見ると応援したくなりますし、声を掛けたくなります。「がんばれ!」「良かったよ!」「残念だったね!」 これからもスタッフとして参加し、道場のお手伝いが出来ればと思っています。





ZOE_9861_1_convert_20150808142127.jpg服部真凛さん(野田・10級)
服部亜海さん(野田・無級)

●大きな成長を感じた/お母さんより
真凛は二回目、亜海は初めての出場になります。前回一回戦負けだった真凛は初戦突破を目標に稽古を頑張ってきました。稽古で手応えを掴んだのか、二人とも試合が凄く楽しみだったようです。 真凛は目標の一回戦突破を果たし、亜海は残念ながら緒戦敗退となりましたが、悔しさを味わい次に向けて頑張ろうという気持ちを持てたのは大きな成長だと思います。





闕サ驥弱&繧点convert_20150809150929荻野聡さん IBMA(国際武道人育英会)審判長

●徳育教育の成果を感じる!!
私は空手の修業とは、身体の強さだけでなく心の強さも同時に追求するものだと思っています。岡山の皆さんの凛とした姿・しっかりした挨拶を見て、心の修業をしっかりと積んでいることを感じ、中川会長の推奨されている徳育教育の成果を感じました。審判として数分間の中で優劣を判断することは非常に難しいことです。この数分間の為にどれだけの厳しい稽古を積んで来たのか?それを思うと優劣を判定するのは簡単ではありませんが、僅かな差には試合態度・立居振舞・表情が影響することも多いのです。選手の皆さんは身体の鍛錬のみでなく心の鍛錬も充分に積まれていて、判定は非常に難しいものでした。これは私の審判経験の中で強く感じたことです。今後も更なる修業を積んで、来年も更に良い試合・感動する試合を体現して頂くことを願っております。  押忍





2016年少年部演武会
convert_20150810131039.png万代龍希くん(高島・三級)  
万代華望さん(高島・三級)

●身体的、精神的な成長を実感/お母さんより 

演武会の見学は昨年に続き2回目です。昨年よりも身体的にも精神的にも成長して来ていることを実感できました。中高校生の先輩方の組手はとても迫力があり、子供達にも今後の目標になったようです。これからも素直な気持ちのまま、頑張ってもらいたいと思います。




 



2016年 春季交流試合
 
convert_20150811135849.png清原哲也さん(津山・二級)

●息子に触発されて出場を決意!!
当初、出場は考えていなかったのですが、昨年10月に再入会した次男の「試合に出たい」との言葉に触発され出場を決意しました。試合に出場するにあたってスタミナ向上の為、週2~3回のペースで2㎞程ランニングして、そのまま坂道ダッシュを5本やりました。三人の息子たちが一緒に付き合ってくれことが続けられた秘訣だと思います。その甲斐あってか、最後まで攻め続けることが出来たと思います。結果として親子で優勝することが出来、今春より進学で岡山市内へ旅立つ息子との良い思い出になりました。







2016年真庭修練会
 
convert_20150811135923.png横山綾香さん(勝山・六級)

●秋の型試合にチャレンジ!
型稽古では、先生が優しく丁寧に教えてくれたのでとても分かりやすかったです。体験試合では、緊張したけど思い通りに出来ました。他の人の型を見てまだまだだなぁと思いましたが、表彰されてひとつ自信がつきました。組手よりも型の方が好きなので、もっと練習して秋の型試合にチャレンジしたいと思います。








2015年本部修練会

IMG_0175_convert_20151124113105.jpg林悠羽さん(十級・南方)

●敢闘賞にビックリ!!
板割りで、正拳突きで成功したけど痛かったです。でも、割れたのでうれしかったです。板は持って帰って記念にしています。組手マラソンは、もっと楽にできると思っていたけど、始まるとすごく大変でした。相手はセンパイばかりで、大きなセンパイはゆっくりしてくれましたが、一つ上くらいのセンパイは強く攻めてきたので大変でした。全部終わったときは、うれしいというよりも、やっと終わったという感じで安心しました。敢闘賞が3つあり、私も大きくなったらもらえるかなとパパとママと話をしていました。敢闘賞の発表で「私が、まさか」とびっくりしました。パパとママは涙ぐんで喜んでくれました。修練会が終わった後は、食事に行って乾杯しました。





2015少年部合宿旅行
convert_20150915124054_convert_20151124113407.png中桐拓人くん(二級・倉敷)

●班長として責任を学ぶ。

僕は班長になって責任というものを学びました。海で遊んでいても常に周囲に気を配ったり、困っている班員がいれば助けてあげたりとやることが多く「大変だなぁ」という気持ちもありましたが、それ以上に自分が役割を果たせば、他の班員が楽しく遊べるんだなと思うとやりがいを感じるようになりました。それからは、皆が楽しめるように前向きに取り組むことが出来ました。このことを空手やそれ以外のところでも活かしていきたいと思います。






豢・螻ア驕灘エ逕歙convert_20150915124128右手隆基くん(二級・津山)

●あっという間に時間が過ぎた。
ぼくは、今年初めての合宿で、他の道場の人と仲良しになれたのが嬉しかったです。海では新しく出来た友だちと一緒に泳いだり、砂で山を作ったり、班長を砂で埋めたりして遊びました。 朝稽古では、先輩に新しい型を教えてもらったり、海の中で組手をしたり色々体験出来て良かったと思います。楽しみにしていたマリンワールドでは、初めて見る海の生き物に夢中になってあっという間に時間が過ぎました。夏休みの良い思い出が出来ました。






[ 1999/01/01 13:52 ] 行事案内 | TB(0) | CM(0)