メール配信(2017.08.07)

author photo

Byblacksabbath1104

DSCN0198_convert_20170808130311.jpg

会員・保護者の皆様 いつも有難うございます。

昨日の限定審査会

参加された皆さんお疲れさまでした。

お手伝い頂いた審査員並び学生部と高学年の先輩の皆さん

有難うございました。

今回は白帯では幼い生徒が多かったのでミット打ちや受け返しなどの

対人で行う審査は帯上の先輩に手伝ってもらいました

背の高さ、性別、性格、力量などある程度、考慮しましたが

それても相性もあるようで上手く機能していない(?)組合せもありました。

審査の結果もそうですが上手く出来たことだけてなく

上手く出来なかったことも何かを教えてくれていると

謙虚に学び、稽古に励んでもらえたらと思います。


●イベント日程

 8月13日~16日(水)お盆休暇

 8月20日(日)昇段講習会

 8月27日(日)指導員会議


IMG_0530_convert_20170808130412.jpgIMG_0423_convert_20170808130352.jpgDSCN0335_convert_20170808130330.jpg

●今週の一言(295)


 蓮は泥の中で

 育ちながら、

 泥に染まらない



●解説

水面からすっと立った茎に、清らかな白やピンクの花を咲かせる蓮。

盛夏の頃、夜明けとともに開花し、昼から夕方にかけてしぼみます。

蓮は泥池を好みながらその葉や花が常にきれいな状態を保つのは、

蓮の葉自体に撥水性があり露のように水を弾くためです。

その様子は人生に置き換えられて、私たちの煩悩そのもの。

悲しみ、悩み、苦しみ、泥のような欲望の渦巻くなかに、蓮のように凛として生きる。

それを人としての佇まいモデルとして古来より「泥中之蓮」という美しい話が伝えられたのです。

泥と蓮は相反するものではない。蓮は泥の中の養分を送り美しき花を咲かせ滋養深き蓮根を育てる。

泥があるからこそ蓮でいられる。

それは、人の生き方、あり方について示唆しているように思えます。

嘘と偽りと貪りに満ちた世の中で、「どうせ汚い世の中なんだから」と汚濁に染まるのか、

それとも嘘と偽りと貪りはあろうとも、それに浸り切らず、美しい香しい花を咲かせるべく努めるのか。

どちらにも道は開けています。選び取るのは自分です。それが試されているように思います。


●参考…北河原公敬

最後まで読んでいただき ありがとうございます。

Share

Comments 0

Leave a reply