啓発

author photo

Byblacksabbath1104


啓発(徳育)

西田素読現在の自分から理想の自分へ変わります。
自己啓発とは、自分自身の精神性、人格的成長、能力開発を目指して努力することをいいます。通常の道場稽古で心身を鍛え、セルフイメージ(考え方・習慣・言動)を改善することで、新しい理想の自分に変わることができます。また、子ども達には、礼儀作法(日本式礼法)と道徳心を養う徳育指導(とくいく「論語」の素読)も併せて行っています。



礼法:挨拶・返事・礼儀作法


礼儀作法とは
礼儀作法とは、自分を心と体の姿勢を整えながら他人の行動や感情に対する気遣い思いやりの心を形としてあらわしたものです。そして社会的な地位や立場に対する正当な敬意をあらわします。礼法は時と場所、状況、相手によって臨機に変化させ即応することが必要です。
作法やマナーを『きまり』『規則』『ルール』だと思ってしまうと、主体性がなくなり、時と場所を使い分ける柔軟性を奪います。

【例】一般的な場所では十字礼や押忍という返事は相応しくありません。

日本式礼法会釈/敬礼/最敬礼
日本式礼法のもとになっている小笠原流礼法では最も大切にされているのは姿勢です。お辞儀には、頭を下げ自分の首を差し出すという動作の意味から、自分には敵意がないということを示します。
おじぎする際の角度によって意味の度合いが変わります。お辞儀の仕方にも呼吸法があり、呼吸に動作を合わせると滑らかで美しいお辞儀になります。また、相手の呼吸に合わせてお辞儀することで、それが「心を通わせる」ことに通じます。


私達の道場では、日常生活で使われるお辞儀や挨拶、返事、言葉づかいなども稽古、競技会、審査科目の中に取り入れています。道場では、まず姿勢、挨拶、返事、言葉使い、身だしなみ、履物を揃えるといった礼法の基本から学びます。日常使う、挨拶言葉、返事、三つのお辞儀(会釈・敬礼・最敬礼)といった礼儀作法の修得と実践を通して心を整え姿勢を正すことを大切にして指導を行っています。

ZOE_6327_12_convert_20171102010443.jpgCIMG0304_convert_20171102010545.jpg12_-_繧ウ繝斐・_convert_20171102010513


徳育:少年少女とくいく「論語」

徳育とは良い心を育むという意味です。武道人育英会では、少年部を対象に人格形成をテーマにした「とくいく論語」の素読や講習会を通して、子供達の心の成長を育む徳育指導を行っています。極真空手(武道)の稽古を通して強い身体と精神を養うことができますが、人間としての正しいものの見方、考え方、善悪の判断といった人間性を養うことには必ずしも結びつきません。とくいく「論語」の素読や講習会(学習会)といった学びを通して、未来を担う子供たちの心に〝徳〟(良い心の働き)を養うことによって〝道徳心〟を育んで行きます。

論語の素読
論語とは、中国の思想家孔子と彼の高弟の言行を孔子の死後、弟子達が記録した書物です。素読とは意味や内容を考えずに声を出して読むことです。意味は分からなくても繰り返し声に出して読んでいるうちに漢文の美しいリズムが心に響き、体の奥に蓄積されます。やがて意味が分かり理解できるようになり、心に深まるときが来ます。人格形成に影響を与えるだけでなく、思考力や想像力、国語力の向上や豊かな感性を育むことができます。

徳育学習
「徳育学習会」では論語や仏教などの古典の教えを通じて、人間にとって最も大切な仁徳を養い、人としての正しい心のあり方、生き方を学びます。論語は、自分自身の人格を磨く学問として、人生と社会生活をより良く生きて行く為の学びであり、仏教は幸せな生活を送るための「心得」です。釈迦や孔子の教えが詰まった、「仏教」や「論語」での学びを通して、仁徳を養い、未来ある子供たちと皆さん一人一人の人間性を磨く学びの機会となり、人間が本来持っている良心にもとづいた考え方や行動が出来るように皆さんと共に学び、夢と希望に満ちた素晴らしい未来を創造していきたいと考えています。


 とくいく学習会(指導要項) 

「とくいく」学習会は、中川会長が空手指導を通じて培ってきた経験と独自の人間心理の研究を元に、空手の稽古をするだけでは一部しか学ぶことのできない、人としての心のあり方や心の高め方を学ぶ場として毎月1回行われています。学習会で研究されたことは、道場の修練体系に(学科試験や稽古中の教示内容(論語の素読)にどにも反映されています。

座禅(瞑想) …心の安定

他人の評価に振り回されてしまう、思い通りにいかないでイライラする。周りの人と衝突してしまう。人との付き合いで悩んだとき、不安や焦りを断ち切りたいとき、人生に迷いが生まれるとき等。瞑想には、「人生の悩み」の解消のヒントがあります。

論語の素読心の徳性
論語の素読を通して、心の規範をつくります。『人が日々志すのが道です。心正しく道を行って、心に悟りを得ることを徳といいます。徳を養えば道を失うことはなく、徳は仁(思いやり)となります。徳と仁が養われれば、どんな場合でも道に外れることはありません。』論語の基礎をつくった孔子の理想は、その上で広く学問を学び、芸()を会得し、自在な境地を生きることでした。

礼節指導挨拶/返事/言葉使い
姿を整えて心をおさめる。とい言われるように、心を整えるには、まず自分自身の姿勢、挨拶、返事、言葉使い、身だしなみ、履物といった礼節の基本をから学ぶことが大切です。

生活習慣睡眠/食事/お手伝い等
疲労の80%はストレスが原因だといいます。睡眠や食事などの生活習慣の改善は時間管理の第一歩。そして人生をつくり上げていく基本です。また、家庭でのお手伝いなどをすることも心をつくるには大切です。

活動計画目標設定/スケジュール
よりよい方向へ成長するための目標設定から活動計画(週間、月間、年間)のアドバイスを行います。1日24時間という時間の使い方一つで、人生は大きく変わります。ビジネスでもスポーツでも、成果を生み出すためには、いかに密度の高い時間をもつかにかかっています。

IMG_0327_convert_20171102011700.jpgIMG_0051_-_繧ウ繝斐・_convert_20171102011612IMG_0109_convert_20171102011813.jpg


Share

Comments 0

Leave a reply